【ガンダムオンライン】8月18日に特定のモジュールと一部の機体のバランス調整が行われる模様

2021年8月11日に運営が発表した所によりますと、来週の定期メンテナンス日である8月18日に新たなバランス調整を行う様です。

機動戦士ガンダムオンライン メンバーズサイト | バンダイナムコオンライン

モジュールの調整

ガンダムオンラインでは各機体の性能を少しだけ向上させる手段としてバトルアシストモジュールと言うものが存在しております。

例えば高速切替というモジュールを機体にセットすると、各武器の持ち替え動作がほんの少し速くなり、本来機体が持つ以上の性能を発揮する事が出来ます。

その代わりにモジュールをつけると機体が撃破された際に再度使用可能になるまでの待ち時間(クールタイム)が増える為、よほど有効な効果を持つモジュールで無ければクールタイムが長引くデメリットを帳消しに出来ないことから、ごく一部を除いて殆どのモジュールは空気化しておりました。

その事を問題視したのか、今回のバランス調整では一部のモジュールの効果の強化/弱体化を行う様で、具体的には以下の様な調整が入るらしいです。

現在人気のあるモジュールは弱体化、ステータス異常耐性系などは強化

上から順に見ていくと、まず宇宙/地上適正換装モジュールの効果が強化されるみたいですね。

これは宇宙適正や地上適正を強制的に機体に与えるモジュールで、例えば宇宙専用機体に地上適正換装モジュールを用いれば、宇宙専用機体でもある程度は地上で動きやすくする事が可能です。

ただ現状ではあくまでも「ある程度」の範囲に収まるぐらいの影響しか与えてくれない為、わざわざこのモジュールをつけて適正のない機体を無理やり使うぐらいなら、初めから別の機体を使うという方が多かった様に思います。

それらの背景を考慮しての今回の宇宙/地上適正換装モジュールの強化だとは思いますが、個人的には相当効果が高くならない限りは、やっぱりクールタイムが増加するデメリットを受け入れてまで適正の無い機体を使う人は居ないんじゃないかなぁと思いますね。

その他の高速装填やシールド大破抑制、各種ステータス異常効果軽減モジュールは今でもある程度は使用している方も居ると思いますので、これらの強化調整は場合によっては戦場に結構大きな影響を与えるかもしれません。

逆に弱体化されてしまう高速切替と格闘出力制御の2つですが、これは空気な物が多いモジュールの中では唯一と言って良い程多くの人々に使用されていた物だと思いますので、これが弱体化される今回の調整は波紋を呼びそうです。

弱体化される程度にもよると思いますが、これがあるお陰である程度戦える様になった機体もありますので、できれば大幅な弱体化はされないことを祈りたいですね。

機体バランス調整の対象は最近実装された2機

そして機体バランス調整についてですが、これはオーダー側はガンダムアストレイレッドフレームレッドドラゴン、リベリオン側はガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナが対象機体となっています。

強化項目はガンダムアストレイレッドフレームドラゴンの方が多く、ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナの方は「全体的な機体パフォーマンスは一定出ている」との理由で強化項目が少ない様ですが、強い機体は即座に戦場に溢れかえるガンオンで、この2機は実装後暫く時間が経過しても戦場で殆ど姿を見かけませんので、正直両方とも微妙な機体扱いになっていると思います。

新機体が強すぎても困りますが、微妙なのも少し悲しいので、運営には出来るだけ良い塩梅に調整して欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました