ガンダムオンライン ダカネモの感想

【ガンオンゆっくり実況 Part28】コスパの良いダカネモで頑張る!

今回は連邦側の比較的低コストな機体の中でも割と高性能な機体であるダカネモを使ってみました。

以下はその感想です。

コスパの良い機体

最近のガンダムオンラインでは前線で戦っている機体のコストがインフレを続けており、昔はそれが360だったのですが今では400と、一度大破すると数分間再使用できなくなるような機体だらけになっております。

その為、少しでもミスを連発してしまうと時には使える機体が何もない状態になってしまう事(通称ラーメンタイム)があるのですが、そんな時はコストの低い機体を入れることでそれを回避するのが昔は一般的でした。

ですが今は高コストの機体だらけの戦場で十分に使える低コスト機体というのが中々存在せず、殆どの低コスト機体では即死してしまってラーメンタイムを回避するという本来の役割をこなすことすら出来ないのが普通なのですが、このダカネモは違います。

280コストとは思えない耐久度

ダカネモは非常に硬い機体です。

その理由は盾の仕様と機体本体のアーマーにありまして、盾は耐久度1160とやや低めな数値ではありますがビームコーティングが施されており、更には一部の武器を除いて射撃中でも盾が機能しますので、全面からの攻撃を常にガードすることが可能、それに加えて機体本体のアーマーも最大強化かつアイテムを使用すれば3000を超えますので、実質4000近くの耐久度を持っていると言っても過言ではありません。

特性に盾の耐久値が上昇するシールドガーダーを引くことが出来れば更に硬くなり、その硬さはシナンジュの前に飛び出しても生きて帰ってこれる程になります。

普通は低コスト機体がシナンジュの前に出れば一瞬で蒸発されますので、それを回避できるだけでもダカネモは十分使う価値がある機体と言えると思います。

武装は当てやすいが少し貧弱

恐らく多くの方はビームコーティングなどで減衰されない実弾武装かつ、当てやすい連射式のジム・ライフル(威力1750、ダウンポイント89)を装備すると思いますが、こちらの武装はジオンの260コストであるヅダが持つ120mmマシンガン(威力1500、ダウンポイント102)と比べるとダウンポイントが低く、また連射力も一回り下がるので、敵の高コスト機体に立ち向かうには少し不安がある武装です。

金図であれば弾速が速く、大抵の機体からは一撃で怯みを取れる170mmキャノン(威力6000、ダウンポイント670)を持つことで、ある程度敵の高コスト機体にも対応出来る様になりますが、もしそうであってもジオンの高コストであるシナンジュなどを一人で倒す事は不意打ちでも無い限り難しいでしょう。

立ち回りとしては、高い耐久値を活かして味方にロックが向かないように前に出て壁になったり、もしくは意外と射程の長いジム・ライフルで味方と一緒に敵を撃って怯みを取ったりと、兎に角味方と一緒に行動する事が重要に思います。

うまく味方の動きに合わせて使う事が出来れば、低コストでありながらかなりのポイントを取得する事も可能です。

欠点:無課金じゃ手に入らない

そこそこ高性能でコスパも良いこのダカネモですが、現状GPショップで設計図が販売されておりませんので、手に入れるためには有料ガチャを回すしか無いという欠点があります。

過去にはフルアーマーZZやユニコーンガンダムのガチャにハズレ枠として入っていたので、これらのガチャを回した方は恐らく持っている可能性が高いですが、今はそのガチャも無くなってしまったので入手手段に乏しい機体となってしまいました。

今のガンダムオンラインのガチャでは過去3ヶ月よりも前の有料機体は沼(どれだけ回してもお目当てのアイテムが出ない可能性があるガチャ)の中に入っていますので、今からダカネモを手に入れるのはちょっと難しいかなと思います。

わざわざこの機体1つの為に何万も払う価値があるかと言われると流石に微妙ですし、いつかゲーム内通貨のGPで買える時が来れば良いのですけどね・・・。

今の環境の連邦機体では珍しいコスパの良い機体ですので、もし運良く持っていれば是非一度開発して使ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました