ガンダムオンライン 武者ガンダム 感想

【ガンオンゆっくり実況 Part35】武者ガンダムで頑張る!

今回はガンダムオンラインで使用することが出来る機体、武者ガンダムの使用感を書きたいと思います。

標準的な機体性能と射程の短い武装

チャージ格闘が強化された事によって、明らかに以前よりも格闘を振ってくる方が多くなったガンダムオンラインですが、それと同時に戦場で前よりも多く見かけるようになったのがこの武者ガンダムです。

機体のスペックとしては360コストの強襲カテゴリの機体で、帰投性能が若干低い事を除けばブースト速度や容量、アーマー値などは平均よりもやや上寄りの性能となっており、機体の動作や体力面でストレスを感じることはほぼありませんでした。

武装はDP、威力ともに高く、セミオート式の火砲「種子島」、ショットガン系の武器である火砲「種子島(散弾)」、癖が少なく当てやすい格闘武器の薙刀「電光丸」 槍「散光丸」、高DPのエネルギー波を刀から放つ少し変わった武器、太刀「日輪丸」(一閃) があります。

武者ガンダムの持っている武器はどれも射程が低く、中距離戦は無理なので広いマップでは使わないほうが良いでしょう。

特徴は格闘カウンター

武者ガンダムは、薙刀「電光丸」と槍「散光丸」、または太刀「日輪丸」(一閃) を装備していて、尚且一切攻撃を行っていない状態の時に相手の格闘攻撃を受けると、その格闘攻撃を無効化して逆に相手に格闘攻撃を放つ、所謂カウンターを発動させる事ができます。

カウンターは敵から格闘攻撃を受けた直後に発生するので、相手に逃げられると言った事はほぼありません。

カウンターは格闘武器のD格と同じで転倒属性が付いた攻撃ですので、迂闊に武者ガンダムに格闘攻撃を行ってきた相手はその場でふっ飛ばされて大きな隙を晒すことになります。

これは格闘が主な攻撃手段であるクロスボーン・ガンダムなどには特に有効で、武者ガンダムが居るだけで相手は非常に動き辛くなることでしょう。

ハイニューガンダムやナイチンゲールと真正面から撃ち合うのは辛い

ただ、現環境トップ機体であるハイニューガンダムやナイチンゲールとの戦闘はやはりだいぶ不利です。

一応武者ガンダムは射撃武器の性能も360コストの機体にしてはそこそこ高いのですが、武者ガンダム自身がDGLv1である事や、武装の射程距離が短い事などから、彼らと撃ち合う際にはビームライフルの連続ヒットによる転倒→即死の危険が常にあり、非常に苦しい戦いを強いられる事になります。

味方が戦っている時の援護などは良いと思いますが、周りに味方や障害物がない場合は彼らにはあまり喧嘩を売らないほうが良いでしょう。

また、ハイニューガンダムとナイチンゲールには転倒耐性があるため、上手いこと格闘を当てたとしても逃げられてしまうので、格闘攻撃でキルまで持っていけることは稀です。

高DPの武器である太刀「日輪丸」(一閃)も、転倒しない彼らが大量に居る今の戦場ではほぼ完全に要らない子なので、この武器は持っていかず2種類の武器だけ持って積載ボーナスを稼いだ方が良さげに感じました。

今の環境では中々辛い所はありますが、格闘機に対しては非常に有効な機体なのは確かなので、テキサスコロニーの3拠点地下や、BA有りの北極基地など、格闘機が多く出現する場所やマップで使用すれば結構活躍出来るかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました