【ガンダムオンライン】バランス調整後のガンダムNT-1(アレックス)の感想

6月に行われたバランス調整によって、これまで一切転倒しなかったHi-vガンダムとナイチンゲールが遂に転倒するようになりました。

これによって今のガンダムオンラインはDPダメージを多く稼げる武器持っている機体が強くなり、以前の環境では微妙だったフルアーマーユニコーンガンダムなどの、敵に当てやすい連射武器を持った機体が戦場で活躍しています。

そこで今回は、そこそこ優秀な斉射ガトリングを持っていながらも、Hi-vガンダムとナイチンゲールが非常に強かった時代は火力が不十分故に微妙な機体扱いされていたガンダムNT-1(アレックス)を今の環境で使ってみましたので、その感想を書きたいと思います。

近距離の制圧力が凄い

結論から言いますと、アレックスは今の環境では十分敵と戦える機体になってくれていました。

アレックスの「斉射式腕部ガトリングガン」は連射力の高い斉射武器なので、DPS・DPPSが共に優秀であり、また実弾兵器でもある為、敵のビームコーティング系の盾や特殊モジュールによって威力が減衰してしまうこともありません。

斉射式腕部ガトリングガンは至近距離戦闘において圧倒的な性能を誇る

これによって、至近距離から撃てば殆どの相手を一瞬で怯み状態にする事が出来るので、至近距離戦闘では360コストながら400コストの機体に劣らない戦闘能力を持っています。

うまく相手の懐に入り込む立ち回りをする事が出来れば、連続キルを重ねる事も難しい事ではないでしょう。

中距離から遠距離の戦闘は苦手

主な武器が斉射式のガトリングですので、中距離や遠距離の敵に対してはほぼ出来ることがありませんでした。

一応ビームライフルを持てば中距離以降の敵にも対応出来ますが、正直言ってアレックスのビームライフルの性能はそれほど良くありませんので、中距離以降の戦闘は完全に捨てて、斉射式腕部ガトリングから即座に切り替えて追撃できる「腕部ガトリングガン」を持って近距離特化の装備にした方が良いと思います。

ちなみに斉射式ではない方の普通の「腕部ガトリングガン」は、100コストも差がある260コストのガンダムFSDが持っている「腕部ガトリング砲」よりも明らかに性能が劣る残念な武器ですので、あくまでも「斉射式腕部ガトリングガン」で攻撃した後の追撃用と割り切って使用した方が良いです。

ガンダムNT-1(アレックス)の腕部ガトリングガン。全体的に性能が時代に追いついていないと感じる。

260コストのガンダムFSD[THE ORIGIN]の腕部ガトリング砲。360コストのアレックスの物より断然性能が高い。

武装はガトリング2種だけで良いかも

アレックスは、一応アイテムを使えばアーマーが4000を超えますし、ビームコーティングが施された耐久力1850の盾は、敵の攻撃を十分に防いでくれるので、ちょっとした事では落ちない程度の硬さを持った機体です。

ただ、如何せんダウンゲージレベルが500/1000のレベル1設定なので、強引に前に出ていってしまったり、複数の敵にロックオンされた場合にはすぐダウンゲージが削られて、割と簡単に膝付きや空中転倒に持っていかれてしまうので、すぐに遮蔽物の影に隠れたり、前線から離脱することが出来る様に、武装は必要最低限の物を持って積載ボーナスを稼ぎ、足回りを少しでも改善させたほうが良いと思います。

その為、持っていく武器は「斉射式腕部ガトリングガン」と「腕部ガトリングガン」の2つだけにするのをオススメします。

ビームライフルやハイパー・バズーカは持ち替えが遅いので使い勝手が悪く、格闘武器であるビームサーベルは振ったときのリスクが大きい上に、至近距離で強い武器を持っているアレックスには殆ど無用の長物です。

唯一「頭部バルカン」だけは、好みによって「腕部ガトリングガン」と入れ替えても良いですが、その場合にはアレックスの火力が低くなってしまうので、その辺りのデメリットを考慮して使うと良いでしょう。

十分やっていける機体

ガンダムFSDの例など、最近出てきた機体と比べると若干残念な性能になっている部分はありますが、それでも「斉射式腕部ガトリングガン」の性能が結構高いので、そういった悪い部分を帳消しとまでは言いませんが、ある程度無視して今の戦場で活躍出来る性能になっていると感じます。

うまく戦う為には相手の直ぐ側まで接近する必要がある事と、遮蔽物の少ない広いステージが苦手という欠点はありますが、障害物が多くて至近距離戦に持ち込めるマップであれば、慣れてくれば予想以上の活躍が出来ると思います。

昔の機体ですし、今はGPガシャコンとDXピックアップガシャコンからしか手に入れることが出来ないので、今使おうとすると割と入手難易度が高い機体ですが、昔は大人気の機体であり、倉庫に眠っている方も居ると思いますので、そういった方は是非もう一度使ってみる事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました